PENTAX写真生活


by ryua210

パルセロナ

ラテン系の国を敬遠していました。
フランスでこれだったらイタリアやスペインはもっとひどいはず、(サービスレベルとか清潔さとか治安とか)、と思い込んでいた、(いる)ためでした。
バルセロナはそのような考え方を改めるきっかけを与えてくれたようです。
少なくともこの街は、パリとは段違いにまともでまっとうな気がしました。

南欧らしい空
c0090835_22135786.jpg

c0090835_22153051.jpg

c0090835_2215369.jpg


ユニークなデザインのグエル公園
c0090835_221751.jpg


見所はやっぱり、サグラダファミリア。入場するのに30分以上並びましたが、それでも入ってみれば待った価値があったと思えるものが見られます。こんな大聖堂は見たことがないというぐらい斬新なデザインです。
c0090835_22173352.jpg
c0090835_22182036.jpg

c0090835_5142930.jpg
c0090835_5145163.jpg
c0090835_5151560.jpg


夜にはライトアップで美しいカサ・バトリョ。バルセロナの建築は古典的なヨーロッパとは一線を画した面白いデザインです。中を見学するツアーの解説は丁寧極まりなく、歩き疲れました。
c0090835_5154572.jpg

c0090835_516238.jpg


その後、メインイベントの夕食タパス屋に言ったわけですが、これがもう期待以上の美味しさで、感動した次第です。フレンチのようにコースを選ぶ必要もなく、小皿を次々と頼むだけなのですが、どれを選んでも美味しく、ビールにもワインにも合い、値段も手ごろで、素晴らしいです。

次の日の朝は近くの市場へ。昨夜食べた美味しい食材が所狭しと並ぶ、という夢のような場所です。バルセロナ人が羨ましくなりました。
c0090835_5162439.jpg
c0090835_5164268.jpg
c0090835_517169.jpg


こちらは古典的なほうの教会
c0090835_5173951.jpg
c0090835_518114.jpg


魅力的な町並みと裏通りの景色
c0090835_517233.jpg
c0090835_5182221.jpg

c0090835_22163688.jpg


バルセロナは、食事を食べに行くだけで十分に価値があると思いました。
[PR]
by ryua210 | 2010-12-05 22:18 | 写真生活