PENTAX写真生活


by ryua210

名実況

フランス語が分からないと、スポーツの番組を見ていてもつまらない。
サッカーなんかでもどのプレーがよかったとか、誰がどんな状況だとか、そういう説明があるのとないのでは、どうも受ける印象が変わる。
試合背景とか監督の采配なんかも、ただプレーを見ているだけだとよく分からない。
スポーツを見て感銘を受けるのはそういう状況が総合的に理解されるから、という要素が大きいのではないかと思う。
そういう意味では、NHKのスポーツアナウンサーの実況中継は的確でいいと思う。
盛り上げるための実況ではなく、状況を適切に伝えるための実況という印象を受ける。
今は解説員になっている山本浩さんのサッカーや、刈谷富士夫さんのフィギュアスケートなど、もう無形文化財といってもいいほどだと思う。
刈谷さんのアテネの男子体操「栄光の架け橋」実況は日本の実況史上に残るすばらしいものだった。
そういう実況を聞きながらスポーツ観戦ができれば本当に楽しいだろうと想像しながら、生放送のスポーツ中継がなかなか見られないJSTVを見ている。
[PR]
by ryua210 | 2012-01-25 23:29 | 散文