PENTAX写真生活


by ryua210

温泉

海外に来てこれほど温泉に行きたいと思うようになるとは思わなかった。
そもそも風呂に入るのがそれほど好きなわけではなく、普通はシャワーだけで十分だと思っている。
それでもこれほど長い間湯船につかる習慣から離れると、広々とした浴槽でゆっくりと温まりたいと思う時が出てくる。
しかし海外にいる限りそのような機会はまずない。
そのような機会がないと余計にそれを求めてしまうという性で、温泉につかりたいという気持ちはどんどん強くなるばかり。
今年の1月に日本に帰った時に有馬温泉の旅館に泊まり、久方ぶりの思いをかなえたあとも、温泉への渇望はやまず、特に温泉旅館に泊まっていろいろな湯を巡ったり、風呂につかった後の夕食で日本酒を飲みながら和食を堪能するなどということを夢想してしまう。
日本に帰る楽しみがあるというのはいいことだ。
[PR]
by ryua210 | 2011-12-19 07:13 | 散文