PENTAX写真生活


by ryua210

今年を振り返る 食事

何が一番おいしかったかというとまあそれは、家で食べる豚肉の生姜焼きだったり、鮭のホイル焼きだったりするのですが(と奥さんにおべんちゃら)、それとは別に印象的なものはというと、リヨンのポール・ボキューズではないかと思う。これは最近はやりのモダンなフレンチというのとは一線を画する、伝統的なフランス料理の王道という感じで、質の高いものが大量に供される。サービスは格式がありながらも肩肘張らないもので、料理を楽しむという最大のポイントが意識されていると思う。
日本に一時帰国した時の有馬温泉竹取亭の夕食および朝食も忘れられない。温泉旅館というものの素晴らしさを、何度も妄想はしていたけれど、期待を上回る満足度だった。温泉があり旅館の食事があるというだけで、日本には住む価値があると思うほどだ。これ以外にも日本ではごちそうになった寿司とかステーキとか居酒屋とか、とにかく食事は日本が最高だと思った。
かえってフランスでは、会社の近くにあるレストラン(日本でいう定食屋みたいな)の料理人が変わったらしく、美味しい料理が提供されるようになった。なかでもディジョン名物ブフブルギニョンという料理がおいしい。ディジョンに行ったときにも食べられなかったけれど、この定食屋では何度も食べられた。
パリのレストランでは、エッフェル塔の近くにある「カフェ・コンスタン」と「ココット」。どちらもすべての料理が良質でどれを選んでも間違いがない気がした。あまり電車に乗って食べに行きたいという標準レベルのレストランはないけれど、このふたつは珍しくその価値のあるレストランかなと思った。
最後に何度行っても満足できるのは、パリの串揚げ料理店SHU。ここにはもう今年だけで4回行ったし、通算では8回ぐらい行ったと思うけれど、まだ飽きない。前菜も串揚げの具も毎回のように変わるし、どれを食べてもおいしいし、焼酎や日本酒が飲める。これほど何回も行けるレストランはそうないと思う。

今年もおいしいものをたくさん食べさせていただいて、ありがとうございました。
[PR]
by ryua210 | 2011-12-31 06:53 | 散文