PENTAX写真生活


by ryua210

たまにすごくきれいな空の景色に出会う。
雲一つない快晴の空
日が沈んだ後の紺色のきれいなグラデーション
厚い雲の隙間から太陽の光が差し込む様子
燃えるような丸い夕日がゆっくりと沈んでいくところ
朝日が昇る前のうっすらと明るい東の空
バックミラーに映った残照
建物の間にわずかに見えるオレンジ色の夕焼け
などなど。
それはたいてい仕事中か通勤中で、写真に撮ることほとんどない。
ものすごく写真に残したいけど、カメラがなかったりガラス越しだったり一瞬のことだったり手が離せなかったりする。
だから余計に印象に残ったりしばらく見とれてしまったりするのだなあと思う。
空ほど毎日見て変化のある美しいものはない。
[PR]
by ryua210 | 2012-01-07 06:28 | 散文