PENTAX写真生活


by ryua210

モラルの低下

記事の切り抜きなどを整理していたら、なるほどと思う記事をいくつか見つけた。
その中の一つ、若者のモラル低下についてお茶の水女子大学の教授によるコラム。
「学部のゼミで、報道記事や事件を素材に議論するコーナーを設けている。フリーターが連絡もせずに欠勤するという問題が取り上げられた。クビになって当然、だから就職できないのだ―若者の勤労モラルの低下が糾弾される。彼女らは大人の目で同世代の若者を非案する。一見頼もしいが偏した見方というほかない。何でもかんでも個々人のモラルの低下で切って捨てられてしまう。挙句の果てに「だから教育が大切」となる。それでよいのか。・・・・・モラルの低下だと批判するのは容易だが、何がそうした行動様式を当然のこととさせているのかを共感的に理解できなければ、何も変えることはできない。」
まあ確かにモラルの低下がすべて個人の資質の問題だとは思えない。
そのようなモラルの低下を招いた外部環境から理解していかなければ、モラルの低下だけを批判しても意味がないということは、もっともなことかもしれない。
そうすると僕も、フランス人の歴史や精神構造なんかをもっと理解しようとしなくてはならないことになる。
むむむ・・・。
[PR]
by ryua210 | 2012-01-23 23:06 | 散文