PENTAX写真生活


by ryua210

利益か売上か

日経ビジネスの興味深い巻頭言より。
--------------------------------------
売上高100億円で損益トントンの事業と売上高10億円で利益を3億円稼ぐ事業とで
は、どちらを大切にすべきか――。最近、そんなことを考えます。恐らく現在の経
済界の風潮では後者でしょう。不採算の事業を整理し、多くの利益を稼ぐ経営者の
方が称賛されます。しかし、そう単純な話でしょうか。売上高は消費者の支持の表
れであり、雇用を生み出す原動力でもあります。売上高が10倍ある事業は、それだ
け多くの従業員を雇用し、給与を支払っていることを意味します。

 もちろん、売上高100億円の事業は黒字になる努力をしなければなりません
。ただ、徹底的な合理化に取り組んで、売上高50億円、利益3億円の事業になった
としたら、それは手放しで喜べる状況なのでしょうか。世の中、目先の利益確保を
優先して縮小均衡路線に走る企業が目立ちますが、結果、失業者が増え、消費マイ
ンドが低迷しています。企業個々で見れば、利益確保のために正しい選択をしてい
るつもりでも、マクロで見れば、皆で景気の足を引っ張っている。日本経済はそん
な合成の誤謬に陥っている気がします。表現を変えれば、それをデフレスパイラル
と言うのかもしれません。
--------------------------------------
このことと株主優先主義はかなり緊密な関係があると思う。
制度的に何か間違っているか欠けているような気がしてならない。
[PR]
by ryua210 | 2012-02-01 05:38 | 散文