PENTAX写真生活


by ryua210

ロンドン

c0090835_19181533.jpg


久しぶりに出張でイギリスに行った。
しかも空港近くの会社のオフィスではなくて、ロンドンに用事があった。
そこでやっぱり、ロンドンがあまりにも魅力的であることに恐れ入った。
パリの街並みも壮麗でいいけれど、ロンドンとは質が違う。
やっぱりこれは、僕が常にロンドン=外国のイメージで育ってきたからだろうと思う。
例えばこの建物の様式とか色とか模様のようなもの、これらはパリでは見られないもので、イギリスの象徴的なものだと思う。
ロンドンの建物にはいくつかの特徴があって、レンガ風であったり木造の骨組みが見える造りだったり白い石造りだったりとそれぞれ個性的で(たぶん)作られた時代や作った人を反映している。この組み合わせがいかにもロンドンだなと思う。
パリのカフェよりはロンドンのパブに入りたい、という趣がある。

あと英語を話すのに申し訳なく思わなくてもいいというのは、パリと違って精神的に楽だ。
[PR]
by ryua210 | 2012-02-18 06:17 | 散文