PENTAX写真生活


by ryua210

Autumn has come

昨日も今日も空がきれいだった。
秋来たりぬ、という感じで気持ちがいい。
よく好きな季節の順番を考える。
すると季節を単純に春夏秋冬の4つには分けるのは無理があるということに思い至る。
夏といっても初夏があり盛夏があり残暑があり、そしていつの間にか初秋になる。
だからだいたい(と僕は誰にも頼まれてないのに)季節を初春、陽春、晩春、初夏、盛夏、残暑、初秋、仲秋、晩秋、初冬、大寒に分ける。
すると僕が好きな季節は初秋、晩秋、初春あたりかなあ、と思う。

初秋はまさに今、あの暑い夏が終わり、去ってみると何か祭りのあとのような淋しさを味わいながらも、涼しい空気がさわやかで、なんとも心地よい季節だ。
晩秋は落ち葉が風に吹かれてからからと道路を吹き飛ばされるような寒さと少し暗めの雰囲気が物憂いけれど、そんな空気とは反対に、暖かい部屋の中で紅茶でも飲みながら読書をしたりぼんやり過ごす秋の夜長はこれまた幸せを実感する時間でもある。
初春はあの寒い冬が終わり空気の中に少しだけ温かみが混じる。道端や花壇では草花が徐々に顔を見せ始める。生命の始まりを感じるような季節だ。それでもまだぴんと張り詰めた冷気が気持ちいい。

まあ要するに今という時期はいちばん好きな季節のひとつで、僕は日々気持ちよさを味わっているということだ。
夕暮れ空の透明な色に見とれていた。

c0090835_21171643.jpg


PENTAX ist DS
DA18-55mm
F3.5
1/250
[PR]
by ryua210 | 2006-09-24 23:16 | 写真生活