PENTAX写真生活


by ryua210

カテゴリ:写真生活( 159 )

朝起きてしばらくして、雪が積もっているのに気が付きました。
めったに見ることがない景色なので、近所を散歩。
非日常的な世界ということもあって、きれいに見えます。

c0090835_638357.jpg


c0090835_6382493.jpg


c0090835_6381463.jpg

[PR]
by ryua210 | 2012-02-06 06:39 | 写真生活

モンマルトル

晴れたので定石通りモンマルトルへ。

c0090835_2321647.jpg


c0090835_23203947.jpg


c0090835_23203743.jpg


c0090835_23202758.jpg


c0090835_2320929.jpg


c0090835_2320024.jpg

[PR]
by ryua210 | 2012-01-15 23:21 | 写真生活
パリから車で4時間、ブルゴーニュのワインの産地ボーヌに行きました。

町を歩けば至るところにワイン屋や食材屋があり、食事への関心の高さが凝縮された感じです。
夜は晴れて、きれいなイルミネーションと夕暮れ空が見られました。

c0090835_1842190.jpg


c0090835_18404464.jpg


c0090835_18451171.jpg


今回の旅行の目的は、レストランの評判が高いホテルでの夕食。
フォアグラ、サーモン、鹿、などが次々と出てきて、どれも非常にまっとうな正統派のおいしさでした。

次の日は朝はホテルでだらだらと過ごした後、帰り道にフラヴニー・シュル・オズラン。
去年の夏に一度訪れた、本当に小さな村です。
12月25日、クリスマス、観光客ゼロという静まりきった町を歩きました。
本当に、被写体の宝庫のようなところで、すばらしいです。

c0090835_1858474.jpg


c0090835_18471396.jpg


c0090835_18464621.jpg


一路パリ

c0090835_18473525.jpg


よいお年を
[PR]
by ryua210 | 2011-12-26 19:00 | 写真生活

ウィーン

ウィーンの写真生活です。
滞在時間48時間なのでかなり駆け足です。
まずは定番のザッハートルテ。
混雑を避けるために朝の9時に行きました。

c0090835_5274398.jpg


次はハプスブルク家600年の歴史を刻む王宮の見学。
解説が詳しすぎて疲れましたが、内容の濃いコースです。
これはハプスブルクを象徴する双頭の鷲をあしらった銀器美術館の展示。

c0090835_5275965.jpg


c0090835_5283460.jpg


そして(僕の中での)クライマックス、楽友協会。
ここでラデツキー行進曲が威勢よく奏でられます。

c0090835_5284824.jpg


黄金のホールのほかに、地下に4つのコンサート会場がありました。

お昼にシュニッツェルを食べて、夜はクリスマスマーケットへ。
ここはイルミネーションが非常にきれいです。

c0090835_529861.jpg


c0090835_5294372.jpg


次の日の午前中はシェーンブルン宮殿へ。
内容は王宮と重なるところがとても多いのですが。。。

c0090835_5302130.jpg


c0090835_530332.jpg


ウィーンは非常にレベルの高い観光都市だと思いました。
まだまだ見たいところがたくさんあります。
有名な音楽家の家やコンサートホール、公園や博物館、移動はトラムや地下鉄で便利だし、そこそこ清潔。
オーストリアはまだザルツブルクにもアルプスにも行っていないので、また行く機会があればと思います。

ベルヴェデーレ宮殿の夜景

c0090835_5272785.jpg

[PR]
by ryua210 | 2011-12-14 05:46 | 写真生活

リヨン・ラ・フォレ

エトルタに行く前に行った、美しい村シリーズ イルドフランス編のひとつです。

どうしてもいい写真が撮れる気がしなくて、すっかりやる気をなくす日が続いていました。
久しぶりにカメラを持ち出した日でした。

もうすっかり秋になりました。

c0090835_512935.jpg


リヨン・ラ・フォレは小さい村ですが、雰囲気のよさそうなホテルがありました。
ぜひ泊まってみたい。

c0090835_511111.jpg


このようなかわいい看板が至る所にあります。

c0090835_50588.jpg


パリから1時間30分ほどの近くですが、思ったよりもいい雰囲気の美しい村でした。

c0090835_51343.jpg

[PR]
by ryua210 | 2011-11-06 05:05 | 写真生活

ノルマンディ地方

フランスの魅力は村だと思っています。
正直なところ都会的な、モダンなフランスには興味がありません。
(しかもフランスには洗練された都会感やモダンさは感じられない。。。)
多くの魅力的な村は南仏にあるのですが、北の方にも多少あります。
そういうのを求めて2泊3日のノルマンディ旅行をしました。

バルフルール
英仏海峡に近い、小さな港町です。
着いた夕方は曇りでしたが、日が沈む時に雲が少し晴れて、日の入りが見られました。
港の中は潮が引いて、船がゴロゴロと転がっているという状態でした。

c0090835_052916.jpg


港の教会のステンドグラスは、港町らしいデザインになっていました。

c0090835_071329.jpg


りんご収穫祭があるかもしれないと期待して行ったのはブブロン・オン・アージュ

c0090835_084125.jpg


この村は家の造りがイギリスの田舎に似ているような気がして、気に入りました。

c0090835_0125465.jpg


c0090835_0135141.jpg


c0090835_015853.jpg


帰りには3度目になるオンフルール。
最初はひなびた田舎町だと思っていましたが、もっと田舎にある美しい町を見ているうちに、一大観光地のようなにぎわいに思われました。実際にお土産物屋やレストラン、ギャラリーなどが多数あって、ゆっくりと観光したくなるような街です。

c0090835_0191288.jpg


港の夜景です。

c0090835_020255.jpg


どういうわけか満足のいく写真が撮れず、そういう意味ではもやもやしたまま終わってしまった旅行です。
[PR]
by ryua210 | 2011-11-02 00:23 | 写真生活

エトルタ

子供のころはよく、図書館に通って少年少女向けに訳された探偵小説を読んでいました。
その最たるものがシャーロック・ホームズであり、僕のイギリス好きを決定づけたシリーズでしたが、そのほかにもオーギュスト・デュパンやエラリー・クイーンといった名作があり、モーリス・ルブランのアルセーヌ・ルパンシリーズもその一つなのでありました。

ふとそれを思い出し、偶然にも古本市でルパンシリーズを見つけて以来、アルセーヌ・ルパンの世界に浸っています。そういうわけで、2度目のエトルタは「ルブランの家 ルパン博物館」にも立ち寄りました。

c0090835_2018110.jpg


中は撮影禁止なので写真がないのですが、実際の家と物語の世界を巧妙に組み合わせた、非常に出来のよい展示でした。折しもエトルタを舞台とした「奇岩城」を読み終えたところだったので、小説の世界がその場に現出したかのような演出は非常によかったです。
これがそのルブランの家。

c0090835_23235719.jpg


そのあとエトルタの断崖を登ってみます。
前回登ったのとは反対側で、ルパンの隠れ家かつフランス歴代の王家の財宝が隠されていたことになっている「奇岩」のある方へ行きました。

c0090835_20182355.jpg


というわけでこれがルパンの隠れ家。

c0090835_20193459.jpg


今は短編集「八点鐘」を読んでいます。
[PR]
by ryua210 | 2011-11-01 20:20 | 写真生活
美しい村登録はされていませんが、ブルゴーニュの小さ目の村へ行きました。
もう夏は終わったかと思いきやこの日は30度。
想定外の暑さでしたが、川に映る街並みの絶景ポイントを見られて満足。


c0090835_0415589.jpg


c0090835_039264.jpg


こういう街並みを通り抜けて村の外に出ると川。
その川沿いから見る景色がいいです。

c0090835_0394257.jpg


晴れていてよかった。
c0090835_0395879.jpg


c0090835_0401520.jpg


最後にたどり着いた教会のステンドグラス
c0090835_0403279.jpg

[PR]
by ryua210 | 2011-09-05 00:44 | 写真生活

クロアチア

今年の夏休みは8月11日から5泊6日、クロアチアを旅行しました。
よくばって「山」と「海」を両方味わう予定を組みました。
まずは「山」編の驚きの一枚。

c0090835_5305849.jpg

*PENTAX Optio W90による半水中撮影

場所はプリトヴィツェ湖群国立公園という世界自然遺産のひとつです。
山間にいくつもの湖が連なり、数々の美しい景観を作り出しています。
驚くべきはその水の透明度。
湖の底まですべて見えてしまうぐらいです。
また水の流れが生み出す滝や小川の変化に富んだ光景はいつまで見ていても飽きません。
水の風景好きの僕にとっては、夢のような場所でした。

夏は混雑するというので近くのホテルに泊って朝の8時に入園しました。
c0090835_15233760.jpg

魚がはっきりと見える水の透明度。
c0090835_1524276.jpg

船に乗ってハイキングコースへ。鏡のような湖面。。。
c0090835_15252346.jpg

青空を映して神秘的な青色をしています。
c0090835_15262761.jpg


c0090835_15264715.jpg


c0090835_1527967.jpg


c0090835_1527281.jpg


c0090835_15275248.jpg


c0090835_15281372.jpg


多彩な水の流れも魅力的です。
c0090835_15362632.jpg


c0090835_15365030.jpg


大きくて全体を俯瞰することはできませんが、こんな感じのところを歩きます。
c0090835_15372711.jpg


本当は丸一日かけて歩くコースがあるのですが、日本人ですので時間がありません。
12時にもなるとザグレブあたりからの観光バスが次々と到着して、山の道は混雑します。
というわけで名残惜しくもお昼過ぎには撤退し、車で今日の宿泊地、スプリットへ向かいます。

岩肌に灌木が生えただけの広大な原野を走る高速道路で約3時間。
クロアチア第2の都市スプリットです。

c0090835_15545051.jpg


c0090835_15555197.jpg


パリからクロアチアへの道のりは空路ミュンヘン経由でこのスプリット空港着。
この街の対岸にあるフヴァル島が「島」編の舞台です。
というわけでスプリットに1泊した後、船でフヴァル島へ。
今度はアドリア海の透明感に驚きます。

c0090835_17314686.jpg


c0090835_1731468.jpg

これはヴィス島にある緑の洞窟。
船で洞窟の入り口まで行って、そこからみんな海に飛び込んで洞窟に入るというダイナミックなツアーです。洞窟の上に小さな穴が開いていて、そこから一条の光が洞窟の底までスポットライトのように射し込んできます。
この景色が神秘的で素晴らしい。
海の中です、これ。
c0090835_17344034.jpg


続いて今度は青の洞窟。こちらは小さなボートに乗り換えて中に入ります。
これがまた幻想的。
c0090835_17405951.jpg


c0090835_17411893.jpg


このツアーの帰りにヴィス島の小さな町コミジャで海水浴休憩。
この町も南国情緒漂う魅力的なところでした。
c0090835_17481981.jpg


c0090835_17483423.jpg


c0090835_17485282.jpg


フヴァル島までは約2時間の船の旅です。
アドリア海の海の色は深くてなめらかな青。
これを眺めながらフヴァル島に戻ってきました。
c0090835_1754294.jpg


リゾート感あふれるホテル
c0090835_17551375.jpg


c0090835_17553343.jpg


これはフヴァルの町。
c0090835_17555866.jpg


いつまで見ても飽きないきれいな海。。。
c0090835_17561699.jpg


そして圧巻の夕景。
3日間毎日、海に沈む壮大な夕日を撮り続けました。
c0090835_1821690.jpg


c0090835_16008.jpg


c0090835_1601796.jpg


c0090835_1603655.jpg


c0090835_161028.jpg


c0090835_1611754.jpg


クロアチアは、本当に美しい国でした。
写真はツェルマット・シャモニーと同じ34枚を掲載しました。
その自然の多彩さという点では、ツェルマット・シャモニーを超えていたかもしれません。
リゾートという枠以上の、圧倒的な自然の美しさを堪能し続けました。
ヨーロッパの街を巡る旅行とはまた一味違った経験で、純粋に美しいものに対する感動を存分に味わうことが出来ました。

c0090835_18141269.jpg

[PR]
by ryua210 | 2011-08-20 05:34 | 写真生活

サンルイ島付近

しばらくどこにも出かけていませんでした。
この日の散歩はサンルイ島から、リュクサンブール公園、モンパルナス付近まで。

c0090835_1863997.jpg
c0090835_187034.jpg
c0090835_1872550.jpg
c0090835_1875435.jpg

[PR]
by ryua210 | 2011-07-31 18:07 | 写真生活