PENTAX写真生活


by ryua210

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ゴールデン

自分ではいまさら言うまでもないことだが、僕は生粋のイギリス好きで、その反動としてアメリカにはあまり親近感を持っていない。それはまあ、イギリスに激しく共感するあまり、イギリス的な要素を持ち合わせていない同じアングロサクソンの国に興味を持てない、という程度のもので、アメリカ嫌いというのともまた少し違う。とはいえ去年の2月出張で始めてアメリカに行ったとき、それはびくびくした。アメリカに対してはあまりにも無知だったから、空港で、たとえばきょろきょろしているだけで連行されるんじゃないかとか、人とぶつかっただけで裁判を起こされるんじゃないかとか、まあそういう勝手な想像をして一人でどきどきしていた。結局、そのときの僕の印象としては、アメリカ人は思ったより全然いい人たちで、むしろ僕はイギリスにいるときより黄色人種であることを意識することが全然なかった、という意味では気持ちがよかった。それとアメリカの大きさにはほとほとあきれた。大きさというのは、物理的に土地が広い、ということです。よきにつけ悪きにつけ、あの大きさこそアメリカという国を存立せしめるためのいちばんの要件ではないかと感じられた。

さてそんな大きなアメリカに、ゴールデンという村(といっていいと思う)がある。デンバー郊外にあって、僕は立った1泊だけここに泊まった。ある人はここを「寂れた日本の温泉街のようだ」と称したらしい。しかしまあ、その村が、僕にとって居心地のよかったことよかったこと。24時間も滞在していないけれど、その村こそ僕にイギリスを思い起こさせるようなこじんまりとした町並みやきれいな小川のせせらぎを持ち、目の前には壮大なロッキー山脈を控え、芝生の上ではアヒルが休息しているという、いやがうえにも心が休まるような場所だった。大げさに書いたけれど、大きなアメリカの中では特に印象に残った場所だった。時差ぼけの取れない僕は毎日早起きをし、このときも朝の4時ごろからテレビを見たり部屋をうろうろしながら、窓の外に明け行く空を、カメラに収めたのだった。

c0090835_23373468.jpg


PENTAX Optio S5i
0.3s F2.6
[PR]
by ryua210 | 2006-08-31 23:38 | 写真生活

カラフル

今年の冬だったか、三丁目の夕日という映画を見た。非常によくできた映画で、僕は感動もし納得もし、昭和中ごろという時代に限りないいとおしさを感じた。すごく単純ではあるけど、みんなが将来に希望を持っていた時代、物質的には今より全然豊かではないのに人の心に人間味があふれていたような時代。僕は知りもしないのに懐かしさすら感じた。希望が持てるということはすばらしいことだと、つくづく感じたものだった。この映画はここ数年で見た中では「リンダリンダリンダ」と並んでいちばん好きな映画のひとつだ。数年前、NHKの朝の連ドラでも昭和初期の大阪のパン屋さん一家を舞台にしたのがあって、このときも同じように懐かしさを感じた。

お台場に「xx丁目商店街」みたいな名前の、昭和初期を擬した商店街がある。ここはまさに3丁目の夕日の舞台です、といわんばかりの(ある意味)風情ある町並みを見事に再現している。いつかここで、好きなだけ撮影ができたらなとひそかに思っている。この写真は正直何屋さんか覚えていないけれど、金平糖だったかなあ。

c0090835_22494872.jpg


ちなみにおせっかいながら3丁目の夕日ホームページのリンクをつけておきます。
http://www.always3.jp/
BGMが聴けると思いますが、この音楽もまたノスタルジアを掻き立てる秀逸なメロディでして、僕なんかはこれを聞くだけで涙がこみ上げてくる。
[PR]
by ryua210 | 2006-08-30 22:50 | 写真生活

ナバホ族

「地球環境は先祖から受け継いだものではなく、子孫から借りているものである」
(「本気でいいたいことがある」さだまさし より)

心を洗われる思いがした。
地球人がみんな、一日一回つぶやくべき言葉ではないかと思う。

同じ本より
「・・・そうなんです。覚えておいてください。「未来」という時空間は「今とても想像もできないような素敵なことが起きる可能性のある時空間」なのです。今どのような悩みや苦しみを抱えていたとしても、例えいくつになっても明日という日が来る限り未来には今日想像もできないすばらしいことが起きるのだと信じてください。
そして、過ぎ去ってしまった時間である過去は、もう変えられないと思っているかもしれないけれど、未来が変わることで、過去も変えられるんです。事実は変わらないけれども、過去の持つ意味は劇的に変わっていく。それが生きるということであり、生命の不思議さ、尊さなのです。」

僕が常に、心にとどめておきたい文章だった。
[PR]
by ryua210 | 2006-08-25 23:56

拍手

高校野球というのはどうしてここまで情熱的でドラマチックなのか、誰もがそんな思いを抱く決勝戦だったと思う。こんな決勝戦はどんな想像力のある人でも考え付かないに違いない。一球一打にドラマがありすぎてもう並の感受性ではとてもこらえきれないほどの世界だ。この決勝戦は今大会で何度も何度も繰り広げられた甲子園劇場の集大成にふさわしい、壮大な最終幕であったことは間違いない。この48幕の舞台一つ一つに舞台裏があり、それを演じた一人ひとりに陰の努力があり、それを支えた周りの人たちにもまたそれぞれの思いがあり、それらがすべて積み重なってこそ、こんなにすごいことが起きるんだろうなあと、心から感心するしだいであります。これはもう、拍手喝采以外のなにものでもない。

c0090835_012119.jpg
[PR]
by ryua210 | 2006-08-22 00:12

駒苫vs早実

高校野球は、当然全部見られるわけではないけど、僕が見られた試合だけでも、信じられないような試合が毎日のように行われていて、僕はもう10歳も年下の高校生たちの力に度肝を抜かれるばかりだ。今日の決勝戦は、度肝を抜かれる集大成のような試合で、僕は合間合間にテレビを見るだけで十分疲れた。
あの情熱と全力プレーが、甲子園を野球の聖地にしているといっても過言ではない。

写真はこの激戦の主役を飾った二人の投手。好対照が印象的なクール派と熱血派。
c0090835_0291852.jpg
[PR]
by ryua210 | 2006-08-20 21:58

ワイングラス

話せば長くなるけれどそこを短く言うと、この前(といっても2ヶ月ほども前)我が実家では家を建て替えるための上棟式を行った。これは要するに家を支える骨組みが出来上がったところで、新しい家の安全を祈願する儀式で、現代人の僕は生まれて始めてこれを経験した。大工さんや建築士さんが集まり、神主さんが神妙に儀式を執り行い、柱ばかりの敷地内で酒宴が催された。はじめはずいぶんたいそうなことをやるんだなと半ば他人事のように考えていた僕だったけれど、いい木を探しに高知まで出かけた話しや、棟梁の称賛の言葉(棟梁はしきりに木をほめていた)なんかを聞いているうちに、何かこう、これからできるこの家に対する愛着のようなものが湧いてきて、ああこれは、僕にとってもただの建物ではない何か大きな意味を持つ家になるんだろうなという思いが去来するようになった。それは、この家を建てるに至った両親への敬服の想いであり、この家の建築にかかわってくれる数々の人への感謝の想いでもある。この家はうちの財産として、世々を経て子孫に伝えゆかなければならない、大げさに言えばそういう気持ちを味わうに至った。家と言えばすでに出来上がったマンションや建売住宅が当たり前と思っている僕には、非常に新鮮な気持ちだった。

この写真は、建て替える前野家の玄関に咲いていたチューリップ。
ワイングラスのような丸みがきれいで、思い切りそばによって撮影した。

c0090835_22372849.jpg


PENTAX OptioS5z
1/100 F3.5
[PR]
by ryua210 | 2006-08-20 16:03 | 写真生活