PENTAX写真生活


by ryua210

<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

観戦記 6月25日

ドイツ3-2トルコ

すごくひやひやしましたが、ドイツがトルコ以上の粘りを見せました。
試合内容からいうとトルコが7割方優勢で、ドイツの試合内容は決してよくなかったというか、全然ダメな気がしたので、86分に追いつかれた時は敗色濃厚にも思われました。
なだけに、90分のラームの決勝点には驚いたという感じです。
(しかもディフェンダーのラームが決めちゃったというのも、ドイツそれでいいのか、と思うけど)
とはいえ、トルコは決定機をいくつか外したのに対して、ドイツは決定機をほぼものにしたというところで勝敗が決した気がします。

とうとう決勝まで来てしまいました。
ドイツ人はみんな厳しくて、決勝まで来たのにあんな試合じゃ駄目だと納得がいかない様子です。しかも対戦相手はスペインですからなかなか自信を持って勝つとはいえないかもしれません。でも彼らはきっと内心では勝てると思っているに違いないです。

トルコに勝った夜は今までにも増してクラクションや花火がにぎやかでした。
ここまで来たら優勝して、もっと盛大な祝福を見てみたいと思います。
勝て、ドイツ!!

c0090835_2324622.jpg

[PR]
by ryua210 | 2008-06-30 02:32 | EURO2008

観戦記 6月20日 

オランダ1-3ロシア

待っていました、大番狂わせ。
今週も何試合も見ましたが、これほど興奮し、結果に満足がいく試合は初めてです。
フース・ヒディンクびいきの僕は、最初からロシアに圧倒的に肩入れしていました。
予選絶好調のオランダに一泡吹かせられるか、それだけを楽しみにしていたので、その期待にこたえてくれたロシアには盛大な拍手を送りたいと思います。

実際にこの試合のロシアはすばらしく、特にディフェンダーの堅い守備がしばしばオランダのゴールを防ぎました。試合を通じてオランダは、ペナルティエリアの中での決定機を作ることはほとんどできず、スナイデルやファン・ペルシのミドルシュートでゴールに迫るのがやっとでした。それもほとんどは跳ね返されるか枠を外れるかで、危機的な状況は少なかったと思います。
一方のロシアは再三再四ペナルティエリアに飛び込んで決定機を作りました。もしかしたら5点ぐらい取れていたかもしれないぐらい、攻め込んでいました。テクニックもエネルギーも素晴らしかった。決勝点となった112分のゴール、左サイドを強引に突破したアルシャビン。この気迫がオランダを圧倒していました。この気迫があったからこそ、残り5分で追いつかれてもまったくおびえる気配もなく、延長戦で2点を挙げて、今大会の優勝候補筆頭を退けるという快挙ができたものと思います。

いやいやー、見事なロシアの勝利。今大会一番の快感でした。
次の対戦はイタリアかスペイン。
この試合は弱いのか強いのか分らないイタリアを全力でサポートです。

c0090835_22394161.jpg

[PR]
by ryua210 | 2008-06-22 22:49 | EURO2008

観戦記 6月14日

スペイン2-1スウェーデン
ロスタイムの決勝ゴールは見事なカウンターでした。ヴィジャはこれで4得点。フェルナンド・トーレスとの2トップは今大会の中でも最強の攻撃陣です。
どちらを応援するともなく見ていた試合ですが、攻守の交代が早くてほぼ互角に思えました。相手からボールを奪った後の展開がどちらも非常に早く、レベルの高い試合でした。スペインは守備が脆いと言われますが、このぎりぎりの時間で決勝点を挙げたしぶとさと運を持ち続ければ、僕が見たことがない決勝進出をみせてくれるかも。

c0090835_16102593.jpg


ここ数日、更新していませんでしたが、

スイス1-2トルコ
これは見ていました。残念。前回のワールドカップ予選からの因縁の対決でした。スイスを応援したけれど及ばず予選敗退。

クロアチア2-1ドイツ
見られませんでしたが、ドイツが負けましたねー。次はオーストリア戦だから多分大丈夫だと思いますが、精神的にはよくないです。

オーストリア1-1トルコ
オーストリアが1失点でよく耐えていたから、最後に何か起きるのではと思いながら見ていたらロスタイムにPKで追いつきました。オーストリアは次がドイツ戦なので厳しいことに変わりはないけれど、地元開催だしとりあえずぎりぎりで追いついてよかった。

オランダ4-1フランス
オランダ強すぎ。これはどう見ても優勝候補筆頭でしょう。強い強いと言われながら僕がサッカーを見るようになってからそんなに強いところを見たことがないオランダですが、今回はその強さを十分に証明しています。前回W杯の優勝準優勝国を相手に計7得点1失点はだれも文句を付けられないです。そしてこの組は、誰が2位通過するのかも興味深い見所です。
[PR]
by ryua210 | 2008-06-15 16:35 | EURO2008

観戦記 6月9日

イタリア0-3オランダ

こんな対決が予選の初戦から見られるのが欧州選手権のすごいところですよ。
ワールドカップの決勝になってもいいぐらいの対戦です。
でも内容はオランダが圧倒で、点数もその通りになってしまいました。
これがカテナチオのイタリアか、、、W杯優勝国か、、、というぐらいお粗末な(あえてそう言わせてもらいます)試合でがっかりでした。
一方のオランダは個人技もチームプレーも充実したものすごくいいチーム。これまで強いオランダの試合をあまり見たことがなかったのですが、今回初めて実感しました。
2点目のシュナイデルのシュートは空手の足技のようなアクロバティックなシュートで、角度のないところからよく決めたものです。
イタリアはブフォンが好セーブを連発していたけれど、それ以外にはあまり見せ場もなく、最後にデル・ピエーロを投入した数分間だけがいい時間帯でした。

このグループはさらにフランスーオランダ、イタリアーフランスと夢の対決が続きます。
フランスのルーマニアとの引き分けも痛いねー。

c0090835_5352599.jpg

[PR]
by ryua210 | 2008-06-11 05:36 | EURO2008

観戦記 6月8日

ドイツ2-0ポーランド

うちのそばにはパブやレストランがあるのですが、盛り上がってましたねー。
ポドルスキの1点目は、うーん、オフサイドのように見えましたが、いかにもドイツらしく、いとも簡単にゴールネットを揺らしたという感じの、あっさりとしたゴールでした。
ゴールが決まった瞬間にアパートのあちら側や窓の下のほうで歓声が上がったりラッパが聞こえたり。あー、やっぱりここはドイツ。
ポーランドがいまいちというのもありましたがドイツがかなり無難に勝ち点3と2得点を手中にしたという印象です。クローゼやバラックのとびぬけた活躍はなかったけれど全体のレベルが高いチームです。このままB組1位で通過してA組2位のチェコ?スイス?と対決かな。

ドイツはユーロ96のチェコ戦以来の欧州選手権の勝利、へー意外。
あのドイツが2大会続けて勝ち星なしだったとは。
というわけでドイツ人が幸せに過ごした日曜日の夜でした。

c0090835_5184262.jpg

[PR]
by ryua210 | 2008-06-11 05:19 | EURO2008

観戦記録 6月7日

Ein Zieg des Kollektives
[集団の勝利、ポルトガル]
ポルトガル2-0トルコ
ポルトガルの2点はものの見事でした。
1点目はヌノ・ゴメスとぺぺの美しいワンツー。
ヌノ・ゴメスのパスが出た瞬間、もう決まったように見えました。
2点目は左サイドからロナウドのクロスを受けたモウティーニョのターンが素晴らしかったです。
ポルトガルは予選から数えてこれで12戦負けなしの記録更新中
c0090835_4464361.jpg


ユーロ2008の開幕戦、スイスvsチェコはチェコが71分ガラセクのパスを受けたスヴェルコシュが決めた1点を守りきって、1-0で開催国を破りました。
[PR]
by ryua210 | 2008-06-09 04:56 | EURO2008